NULLリムーバークリーム陰毛(睾丸)に試してみたよ!

はいすいません。

公式では推奨されていないのにやっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも興味ありませんか?

 

と言うか、自分の場合完全に事故です。

 

初め太ももの脱毛をしているときに陰部(睾丸)までついてしまって、

でも洗い流すのが嫌だったので、仕方なくそのまま放置して

太ももと一緒に脱毛してしまいました。

 

もしやるとすれば自己責任です!

公式ではNGらしいので!

 

 

太ももと一緒に「き〇たま」にも…。

もう一度簡単に説明すると

太ももをがっつり脱毛するため

塗りたくる。

き〇たまにも付いてしまう。

「き〇たまにもついてるじゃん」って思ったけど

もう洗い流せないので放置・・・。

 

で、数分待って洗い流したら、

きんたまツルツルに!!

しかも右半部だけ(笑)

 

こんな感じです。

太ももをやる人は気を付けてください。

ほとんどの確率で陰部についてしまします。

 

 

でも一言でいうと毛がなくなって最高です。

公式がNGなだけに煽るのはよくありませんが、

毎回したいです(笑)。

 

きんたまの毛の処理が一番厄介

金玉の周辺って毛が生えてるけどほんといらないですよね。

 

でも怖くて剃れません。

自分はカミソリで剃ったことはありますが、

少し金玉を切ってしまって以来怖くてできません。

 

じゃあ何で処理するのか?

金玉の毛の処理方法

1.毛抜きで抜く

一本一本毛抜きで抜いていく方法があります。

でも時間がかかる上に体勢もしんどいですよね。

何より痛い!(笑)

 

2.剃る

これ僕が苦手なやつです。

カミソリで剃るのは勇気がいるし、

間違えると切れちゃうので。

 

3.やっぱり脱毛クリーム?

やはり脱毛クリームが一番効きます。

効く上にクリームなんで細かいところまで

しっかり塗ることができます。

なので効果としては抜群!

でも公式はNGです。

 

きんたまには怖い病気がいっぱい

有名なものであれば陰嚢湿疹(いんのうしっしん)やいんきんたむしです。

陰嚢湿疹についてはこちらに詳しく書いているのでぜひ見てください。

 

これら病気の原因は脱毛クリームとは直接関係はありませんが、

何が原因で起こるか分からないので極力(絶対?)控えたほうがいいです。

 

まぁリスクをとって毛をなくすか、ノーリスクで毛を放置するか

難しいですが、もし病気になったら元も子もないのでぼくは使わない方面で行きます!!

 

ちなみにきんたまの毛の処理ははさみで切るというのもあるみたいです。

ん~難しい~。

 

※追伸※

NULLリムーバークリームをアンダーヘアーに使うのは辞めなさい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です